【COSPAL/塩サバ】実食レビュー:訳ありでおいしい冷凍サバを発見!「もうスーパーのサバに戻れない…」

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、夏目ミノリです。

今回は、COSPAL『塩サバ』を実食レビューします。

この冷凍サバ…おいしすぎて何回もリピしてる我が家の愛用魚です。これ食べると本当にスーパーのサバに戻れないんですよ、ある意味危険。

どんな冷凍サバなのか、本記事で詳しく紹介します。「子どもにおいしい魚を食べさせたい!」「健康のためにも青魚を…!」と思っている方、明日からはCOSPALの『塩サバ』で決まりです。

※2023年11月現在の価格表です。場合によっては、価格・在庫状況が変わっている可能性もあります。

ふるさと納税もあります。
「ふるさと納税」もチェック>>

目次

【概要】COSPAL『塩サバ』とは?

商品画像
メーカーCOSPAL
価格2,980円+送料
内容量1.5kg(10枚前後)
カロリー321kcal/100g
賞味期限箱に記載
『塩サバ』の基本情報


COSPALの『塩サバ』は、訳ありの冷凍サバです。「訳あり」「冷凍」とマイナスイメージになりそうな単語が続きますが、これめちゃくちゃおすすめなんですよ♪

簡単に商品の特徴をまとめると、次の通りです。

『塩サバ』の特徴
  • 規格外に大きい塩サバ
  • 量り売り
  • 脂のりがすごい
  • 味付け不要


味をイメージしやすいように、実食にてどんなサバかを詳しく紹介します。

COSPAL『塩サバ』を実食

ダンボールに入った冷凍サバ


COSPALの『塩サバ』は冷凍なので、こんな感じで届きました。ほぼダンボールの端から端までの長さがあって、1枚ずつがビッグ。

白いお皿にのった2枚の冷凍サバ


見てください、この姿!スーパーの安いサバって細くてスリムなのが多いんですけど、COSPALの『塩サバ』は丸みがあってふっくらしてるんです。

女性に例えるなら安産型ですね。なんともいえない安心感があります。ありません?

焼いた塩サバ
原材料(押すと開きます)

さば(ノルウェー産)、食塩

熱量321kcal
たんぱく質16.9g
脂質26.4g
炭水化物0.4g
食塩相当量1.7g
100gあたりの栄養成分


『塩サバ』はもう味が付いているので、そのまま焼いてOK!グリルで焼くのがいいと思うんですけど、筆者は面倒くさがりなのでフライパンで焼きました。

焼いた塩サバを箸でつまみ上げている様子


フライパンで焼いてもふっくら!繊維の間に脂が入っているので、箸を入れるとふわっと身がほぐれました。「冷凍だから水分が抜けてまずそう」と思う方もいるかもしれませんが、全然気になりませんでしたよ。

塩気もちょうどいい塩梅♪

ちなみに骨取りではないので、子どもやお年寄りが食べるときは注意してくださいね。

塩サバを使って作ったおかず


『塩サバ』の骨を取り、細く切ってポン酢和えにしました。身がふっくらしているので、細く切ってもしょぼくなりません。1枚だけでも結構ボリューミーなおかずが作れますよ♪

ついでにポン酢和えの作り方も紹介しておきますね。これめちゃくちゃご飯が進んでおいしいので、よかったら作ってみてください。

ポン酢和えの作り方
  • 『塩サバ』を解凍し、骨を抜く
  • 細くカットし、片栗粉をまぶしてフライパンで焼く
  • スライスたまねぎ、大葉、焼いた『塩サバ』をポン酢で和えて完成


さて、筆者は大絶賛ですが、他の方がどう感じているのかも気になりますよね?そこで、『塩サバ』の口コミを調べてみました。

COSPAL『塩サバ』の口コミ・評判

口コミ・評判
  • 大きくてびっくり
  • どこが訳ありなのか分からないくらい良品
  • スーパーの塩サバよりは塩分控えめ
  • 塩味が強すぎないからアレンジに使いやすそう
  • 脂のりがよくておいしい
  • 脂があまりなかった


口コミを見てみると、ほとんどが「ふっくらしていておいしい」「脂のりがいい」と満足するレビューでした。特によく見られたのが「どこが訳ありなのか分からない」という意見。それほど多くの方が良品だと感じてるってことですね。

「脂があまりなかった」というネガティブレビューに関しては、検証できませんでした。COSPALの『塩サバ』は何度か購入したことがありますが、脂のりがよくおいしいものしか届いたことがないので…。

もし脂のりがイマイチなものがあったとすれば、かなりのレアケースか注文者の舌が肥えすぎているのかもしれません。





冒頭でもお伝えしましたが、COSPALの『塩サバ』は個人的にとってもおすすめです。なぜおすすめなのか、理由もはっきりお伝えしますね!

COSPAL『塩サバ』がおすすめの理由

  • 1枚が大きい
  • ふっくらジューシーでおいしい
  • 塩気が絶妙

1枚が大きい

冷凍サバのサイズをメジャーで計測している様子

COSPALの『塩サバ』は、とにかくサイズがでかい!長さを測ってみると、約21cmもありました。スーパーの塩サバをメジャーで測ったことがないので比較できませんが、感覚的には一回り以上大きい印象です。

COSPALが「訳あり」とつけている理由は「規格外に大きいから」。「規格外に小さい」じゃないので、消費者側としては大歓迎ですよね♪

ちなみに、この1枚で大人2人、子ども2人分の塩サバが焼けました。一度に何枚も焼かなくていいので、ある意味コスパもいいです。(※消費量はあくまで筆者宅のケースなので、参考までに留めてください)

ふっくらジューシーでおいしい

COSPALの『塩サバ』は脂のりがいいので、ふっくらジューシーです。理由は、サバの大きさにあります。

一般的に、サバは大きければ大きいほど脂がのる傾向にあるようです。そのため、規格外の大きさである『塩サバ』は脂のりバツグン!ふっくらジューシーでとってもおいしいんですよ♪

「冷凍サバって焼くとパサパサになりそう…」と心配している方も安心してください。

塩気が絶妙

『塩サバ』は塩加減がちょうどいいんです。強すぎず弱すぎず、まさに絶妙!ちゃんとサバ本来の味も感じられます。

しかも、塩気が強すぎないからアレンジもしやすいんです。お料理が好きな方は、いろんなサバ料理を楽しめますよ♪

とっても魅力的な『塩サバ』ですが、ひとつだけ購入前に知っておいてもらいたい注意点があります。

COSPALの『塩サバ』はここだけ注意!

COSPALの『塩サバ』には骨があります。子どもやお年寄りに出すとき、一口サイズで食べやすいように加工するときは自分で骨をとらなければなりません。

また、冷蔵のサバであればパパっと骨取りができますが、COSPALの『塩サバ』は冷凍なので解凍が必要です。下準備の段階で時間がかかってしまうので、時短を重視する方には向いていないかもしれません。

「骨取りだと思ったら骨ありじゃん…面倒くさっ」とガッカリしないように、この点だけは知っておいてくださいね。


【結論】COSPAL『塩サバ』の総評

COSPAL『塩サバ』
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • ふっくらジューシーでおいしい
  • 1枚が大きく食べ応えがある
  • 冷凍だから保存が効く
  • 塩加減が絶妙
デメリット
  • 骨がある


COSPALの『塩サバ』は、冷凍でありながら脂のりのよさも塩加減もバツグンにいいサバでした。

大きくて立派なので、食べ応えもありますよ♪ 献立のメインを飾るにはぴったりです。以下のような方であれば、筆者のようにスーパーの塩サバに戻れなくなるでしょう。

こんな人におすすめ
  • 脂のりのいいおいしいサバを探している人
  • いろんなサバ料理を作りたい人
  • サバをたくさん食べたい人
  • スーパーの塩サバが塩辛いと感じている人

「COSPAL」の企業情報

会社名株式会社西川
所在地〒299-5233 千葉県勝浦市浜勝浦74
TEL047-064-1100
FAX047-064-1500
「COSPAL」の企業情報


COSPALは、鮭やサバといった生魚だけでなく、アジフライやキンメダイの煮付けなどのお惣菜系も取り扱っています。高品質な魚がリーズナブルにゲットできるので、魚をよく食べる方は必見です!

「COSPAL」レビュー記事>>

【まとめ】COSPAL『塩サバ』でおいしい和食を楽しもう♪

今回は、COSPALの『塩サバ』を実食レビューしました。

これを食べた後にスーパーのサバを食べると、「おいしくない…」ってなっちゃいました。それくらい味・脂のりがよかったんです、ホント。

和食メニューのときにこの塩サバが出ると、我が家はみんなテンション上がります。みなさんもぜひ和食を食べるときはこの『塩サバ』を使ってみてください♪

※2023年11月現在の価格表です。場合によっては、価格・在庫状況が変わっている可能性もあります。

ふるさと納税もあります。
「ふるさと納税」もチェック>>



※本記事の内容は掲載当時のものです。場合によっては、商品の味・デザイン・価格等が変わっている可能性もあります。
※実食レビューは筆者個人の意見です。味の捉え方は人それぞれ異なるので、あくまで参考までに留めていただきますようお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次