【亀屋製菓/羽二重よもぎ餅】実食レビュー:ひねりを効かせた羽二重餅の味・食感は普通とどう違う?買える場所や商品情報も

和菓子

こんにちは、夏目ミノリです。

今回は、亀屋製菓『羽二重よもぎ餅』を実食レビューします。

  • 羽二重餅っていろんな商品があるけど…これはどんなお菓子?
  • どこで買えるの?


…と疑問に思っている方もいるでしょう。

結論からいうと、『羽二重よもぎ餅』は

柔らかさと食べ応えの両方を楽しめるけど、道の駅でしか買えないレア品

です。

「お取り寄せできないのかぁ…」

まぁまぁ、そう肩を落とさず…この記事で『羽二重よもぎ餅』の商品情報や販売店の情報を紹介するので、出会えた時の参考にしてください。

この記事を見れば、他の羽二重餅との違いが分かって買うかどうかを検討しやすくなるよ♪



執筆者・実食者

・実食ブログ「spoon」管理人
・Webライター4年生
・お取り寄せ実食数100件以上
・実食したものは良し悪しすべて書く
・いろいろ食べてるけど美食家ではない

夏目ミノリをフォローする

【概要】亀屋製菓『羽二重よもぎ餅』とは?

商品画像
メーカー亀屋製菓株式会社
価格756円(店頭価格)
内容量10個
カロリー295kcal/100g
賞味期限約1ヶ月
『羽二重よもぎ餅』の基本情報


『羽二重よもぎ餅』は、餡子入りのお餅をひねった形に加工しているお菓子です。

お餅にはよもぎが練りこまれており、表面にはたっぷりのきな粉がまぶしてあります。

箱には、大体二口くらいで食べられる大きさのものが10個入っており、ボリューム感もしっかりと楽しめますよ。

亀屋製菓『羽二重よもぎ餅』の特徴2つ

亀屋製菓の『羽二重よもぎ餅』には、一般的な羽二重餅と違って以下のような特徴があります。

  • ねじって層状に!食べ応え抜群!
  • 大きさ・厚みがあって満足感あり

『羽二重よもぎ餅』の魅力を1つずつ見ていこう!

ねじって層状に!食べ応え抜群!

『羽二重よもぎ餅』の特徴は、なんといってもお餅をひねっていること。

断面写真を見ても分かる通り、お餅をひねることで餡子が2層、お餅が4層になっています。

いってみれば、羽二重餅を2つ重ねて一気に食べるようなものなので、食べ応えが抜群ですよ♪

大きさ・厚みがあって満足感あり

『羽二重よもぎ餅』は、1個あたり約35gとなっています。

「いまいちピンと来ないサイズ感だなぁ…」

って方が多いと思いますが、これ結構な量感ですよ。

横長なので、一口で食べるにはちょっと大変…大体、二口くらいのサイズ感です。

大きいし、餡子もたっぷりでずっしりとしているから、1個で満足感があります。

見た目が大きいのってテンションが上がるよね!


亀屋製菓『羽二重よもぎ餅』を実食!


今回は、福井県で直接購入しました。


仕切り付きのトレーに入った『羽二重よもぎ餅』。

【原材料】
水飴(国内製造)、生あん、砂糖、餅粉、マルトース、よもぎ、きなこ(大豆を含む)/加工でんぷん、ソルビトール、乳化剤(乳由来)
熱量295kcal
たんぱく質4.4g
脂質0.2g
炭水化物69.0g
食塩相当量0.06g
100gあたりの栄養成分


餡子たっぷり~!

お餅は結構柔らかめで、餡子と一緒に溶けていく感じ。

このお餅の柔らかさは、やっぱり羽二重餅ですね、コシのある大福とは全然違います。

ふわっと柔らかくて美味しい~♡


写真を見ても分かる通り、きな粉が結構たっぷりめにかかっています。

美味しいけど、きな粉が強くてよもぎ感が少ないですね…。

よもぎの風味が好きな方ならちょっと物足りないかも…
逆に、よもぎに慣れていない子どもは食べやすいと思うよ!

亀屋製菓『羽二重よもぎ餅』のデメリット2つ

『羽二重よもぎ餅』を購入する上で、以下2つに注意が必要です。

  • 個包装じゃないから配り歩くには向いてない
  • きな粉が飛ぶから食べ方には注意が必要

個包装じゃないから配り歩くには向いてない

『羽二重よもぎ餅』は、仕切り付きのトレーに1個ずつ並んで入っているので、個包装ではありません。

学校や職場で配るのには向いていないので、お土産に検討する際は要注意です。

また、個包装じゃないから、開封後ずっと放置しているとカピカピになります。

ゆっくり味わいたい場合は、残りを保存容器に移した方がいいかもしれません

きな粉が飛ぶから食べ方には注意が必要

ありがたいことに、『羽二重よもぎ餅』にはたっぷりのきな粉がかかっています。

しっかりとした香ばしさが感じられて美味しかったんですけど…一方で飛び散って食べにくいって問題も。

油断すると、机の上がきな粉まみれに…


食べる時は、ちゃんと小皿に移して落ち着いて食べましょう。

亀屋製菓『羽二重よもぎ餅』の総評

こんな人におすすめ
  • ボリューム感が欲しい人
  • きな粉がかかった餅菓子を選んじゃうことが多い人
  • 子どもも美味しく食べられる餅菓子を探している人


普通の羽二重餅って、柔らかいしぺらんぺらんだし…個人的にはちょっと物足りないって思うことがあるんですよね…。

でも、『羽二重よもぎ餅』はねじってあることで厚みが増してるから、ボリューム感があっていいですよ♪

もちろん、羽二重餅ならではの柔らかさもちゃんとあります!

「柔らかいお餅が好きだけど、溶けるほど柔らかいと食べ応えなさそう…」

こんな心配をしている方なら、絶対に満足できますよ♪

「亀屋製菓株式会社」の企業情報

出典:https://kameya-s.com/

『羽二重よもぎ餅』を製造・販売している亀屋製菓の企業情報をまとめました。

会社名亀屋製菓株式会社
所在地〒910-0138 福井県福井市東森田4丁目101番地
TEL/FAX0776-56-1200/0776-56-1201
創業昭和29年7月12日(法人設立:昭和38年4月1日)
公式HPhttps://kameya-s.com/
亀屋製菓株式会社の企業情報


亀屋製菓は、『羽二重よもぎ餅』の他に以下のようなお菓子も製造・販売しています。

  • 羽二重餅(板状)
  • 恐竜クランチチョコ
  • 恐竜プリントクッキー
  • カルッテベイク
  • 雪がわら


福井で有名な恐竜モチーフのお菓子や、福井の冬景色を表現した砂糖がけの『雪がわら』など、福井愛を感じるお菓子がたくさん!

公式HPから商品をお取り寄せできるので、気になる方はぜひ覗いてみてくださいね。

「亀屋製菓」商品一覧はこちら>>

『羽二重よもぎ餅』はどこで買える?

今回紹介した『羽二重よもぎ餅』は、残念ながらネットで販売されていません。

公式HP、Amazon、楽天、Yahooのどこにもありませんでした…


購入するなら、現地調達が有力です。

ちなみに、私は「うみんぴあ大飯」という道の駅で購入しました
出典:https://michinoeki-ohi.com/
施設名道の駅うみんぴあ大飯
開館時間9:00~18:00
休館日第1・第3月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
公式HPhttps://michinoeki-ohi.com/


広いし、野菜や魚介類もあるし、美味しそうなジェラートもあるし、見ごたえのある道の駅でしたよ。

ジェラートを食べておけばよかったと激しく後悔…


お近くに行かれた際は、ぜひ足を運んでみてください。

あと、私の代わりにジェラートを食べてきてください。

まとめ

今回は、亀屋製菓の『羽二重よもぎ餅』を実食レビューしました。

どんな商品だったかを改めてまとめますね。

メリット
  • 餡子、きな粉たっぷりで美味しい!
  • お餅をひねった形状になってるから、厚みが出て食べ応えがある
  • 大きめのお餅が10個も入っていて満足感がある
デメリット
  • きな粉が飛ぶ(食べ方に注意)
  • 個包装じゃないから配るのに向いてない
  • よもぎ感は薄い


「きな粉がかかったよもぎ餅なんて、スーパーでもあるじゃん」

って思うんですけど、この柔らかさはやっぱり羽二重餅特有というか、ちゃんと福井らしさが出ていて個人的には印象がよかったです。

通販にないからお取り寄せできないのが残念ですが…福井県に行けばどこかにあると思います。

現地でしか買えないって、ちょっとレア感があっていいよね


「食べたい!」って方は、ぜひ福井県まで足を伸ばしてみてください。
(購入するなら、「道の駅うみんぴあ大飯」が有力!)

タイトルとURLをコピーしました