【KiKi麺&南膳房/まぜそば】実食レビュー:特製麺がなかなかイケる!調理も簡単でストックにおすすめ

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、夏目ミノリです。

今回は、KiKi麺&南膳房『まぜそば』を実食レビューします。

TVや雑誌に取り上げられている大注目の麺だそうですよ。世界的人気ラーメンブロガーも評価しているんだとか…誰ですか?

はたしてどんな麺なのか、実際にお取り寄せして食べてみた感想を紹介します。

※2024年1月現在の価格表です。場合によっては、価格・在庫状況が変わっている可能性もあります。

種類や袋数でいろんな買い方ができますよ。
「Amazon」で見る>>
「楽天」で見る>>
「Yahoo」で見る>>

目次

【概要】KiKi麺&南膳房『まぜそば』とは?

商品画像
メーカーKiKi麺&南膳房
価格1,480円
内容量4食
カロリーゴマ:573kcal
ネギオイル:316kcal
花椒チリー:293kcal
台湾魚介:332kcal
賞味期限パッケージに記載
『まぜそば』の基本情報


KiKi麺&南膳房の『まぜそば』は、今大注目の袋麺!

世界的人気ラーメンブロガーが選ぶ「袋麺ランキングTOP10」にランクイン、雑誌掲載、TV出演、ベストお取り寄せ大賞2022「おうち海外旅行賞」を受賞などなど、華やかな実績を持っています。

どんな麺料理なのか、特徴を簡単にまとめました。

『まぜそば』の特徴
  • 「KiKi麺」「南膳房」2シリーズから好きなものが選べる
  • 全7種類の中から4種類が選べる
  • 調理はゆでて混ぜるだけ
  • 麺は天日干しでノンフライ
  • ハリウッド女優スーチー氏が開発に関与
  • ミシュラン獲得シェフや著名人が絶賛


なんか、すごそうですよね。香港や台湾で大人気とのことなのですが、日本人からの評判はどうなのでしょう?口コミを調べてみました。

KiKi麺&南膳房『まぜそば』の口コミ・評判

口コミ・評判
  • 麺がもちもちでおいしい
  • 他では食べられない味があるのがいい
  • 手軽に食べられるから助かる
  • 好きなトッピングで楽しめる
  • 1食300円以上するなら市販のノンフライ麺で十分


口コミを見ると、基本的に「おいしい」「麺がもちもち」と味を高く評価するレビューが多く見られました。

問題はコスパ面。「これならインスタントラーメンでもいいかな」という声も少なくありませんでした。

最近のインスタントラーメンってクオリティ高いですもんね。それと変わらないレベルってことでしょうか…普通においしそうですね。試しにお取り寄せしてみました。

KiKi麺&南膳房『まぜそば』を実食

4種類の袋麺
『まぜそば』の種類
  • ネギオイル
  • 花椒チリー
  • 香る黒酢
  • 熟成黒酢チリー
  • 台湾魚介
  • たっぷりゴマ
  • エシャロット


『まぜそば』には、上記の7種類があります。今回はネギオイル、花椒チリー、台湾魚介、たっぷりゴマの4種類を選びました。

たっぷりゴマまぜそば

ゴマまぜそば
原材料(押すと開きます)

めん(小麦粉、食塩)、添付調味料(ねりごま、植物油脂、みりん、黒酢、砂糖、ミックススパイスパウダー、食塩、醤油、チリパウダー/香料、酸化防止剤(V.E))、(一部に小麦・ごま・大豆を含む)

エネルギー573kcal
たんぱく質18.2g
脂質19.0g
炭水化物82.3g
食塩相当量4.9g
1食あたりの栄養成分
まぜそばを箸ですくいあげている様子

付属のゴマソースが冷え固まった生チョコくらい硬い…もはやソースとはいえないハードさでした。

「20mlのお湯でのばして」とありましたが、全然のびない…それくらい濃厚。これはゴマ好きにはたまりませんね!

味は、ゴマが濃厚すぎてちょっときな粉っぽかったです。

ネギオイルまぜそば

ネギオイルまぜそば
原材料(押すと開きます)

【めん】
小麦粉、食塩/かんすい、(一部に小麦を含む)
【ソース】
醤油、植物油脂、ネギ、ショウガ、乾燥唐辛子/香料、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK)、酸化防止剤(V.E)、(一部に小麦・大豆を含む)

エネルギー316kcal
たんぱく質9.3g
脂質8.0g
炭水化物51.7g
食塩相当量3.0g
1食あたりの栄養成分
まぜそばを箸ですくいあげている様子

ネギオイルの香りが食欲をそそりました。ネギを軽く焦がしたときのような香ばしさ、醤油ベースの甘辛い風味がもう食べる前からおいしい!

にんにくに負けてないパンチ力で、かなりの満足感でした。「お好み焼きはおかずでしょ」って方なら、この『まぜそば』もおかずにできるかもしれません。

花椒チリーまぜそば

花椒チリーまぜそば
原材料(押すと開きます)

【めん】
小麦粉、食塩/かんすい、(一部に小麦を含む)
【ソース】
醤油、植物油脂/香料、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK)、酸化防止剤(V.E)、(一部に小麦・大豆を含む)
【かやく】
唐辛子粉末、花椒粉末

エネルギー293kcal
たんぱく質9.9g
脂質5.9g
炭水化物49.9g
食塩相当量3.0g
1食あたりの栄養成分
まぜそばを箸ですくいあげている様子

うおぉぉ!辛い!血行が良くなったのか、筆者のカサカサな唇もぷるんぷるんに…。激辛ってほどではありませんでしたが、なかなかの刺激でしたよ。

味は無難に醤油ベース。辛いだけでなく旨みもあったので、最後まで飽きずに食べられました。辛いものが好きな方にはぴったりですね。

台湾魚介まぜそば

台湾魚介まぜそば
原材料(押すと開きます)

【めん】
小麦粉、食塩/かんすい、(一部に小麦を含む)
【ソース】
沙茶醬(植物油脂、干し魚、ガーリック、ジンジャーパウダー、ココナッツパウダー、乾燥ねぎ、ごま、サクラエビ、チリーパウダー、食塩、コリアンダー、シナモン、フェンネル、黒胡椒)、醤油加工品、植物油脂、エシャロット、砂糖、食塩、酵母エキス、マルトデキストリン/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘多糖類、(一部に小麦・えび・大豆・ごまを含む)

エネルギー332kcal
たんぱく質11.6g
脂質8.6g
炭水化物51.8g
食塩相当量2.7g
1食あたりの栄養成分
まぜそばを箸ですくいあげている様子

まるでホタテのヒモのような麺が印象的でした。幅広なぶん食感ももちもちで食べ応えがありましたよ。

味はかなり独特。鰹節と醤油を混ぜたような和風味でしたが、ちょっとだけ甘さもあって…。おそらく好みが分かれる味となるでしょう。

「魚介」といってもエビやカニなどの甲殻類だしが効いた魚介ではなかったので、シーフード好きさんは注意!

お試し感覚で購入した『まぜそば』でしたが、思ったより魅力的なポイントがありました。


KiKi麺&南膳房『まぜそば』の魅力3つ

  • 調理が簡単
  • 7種類から好きな味が選べる
  • 麺がお店っぽい

調理が簡単

乾麺とソース

『まぜそば』の調理方法は、麺をゆでてソースと混ぜるだけ。手軽に食べられるのが嬉しいですね♪

しかも必要なのはお湯だけなので、包丁やまな板といった調理器具も不要。強いていえば湯切り用にザルがいるくらいで、洗い物も少なく済みます。

  • 忙しくて料理する時間がない
  • ほとんど自炊しないから調理器具が少ない
  • 体調が悪いから簡単に食べられるものがいい
  • 今からご飯炊くの嫌だなぁ…何か簡単に食べられるものないかな…
  • 料理は頑張れても最後の片付けが面倒で…


こんなシーンにあると便利なので、ストックにおすすめですよ♪

7種類から好きな味が選べる

『まぜそば』の種類
  • ネギオイル
  • 花椒チリー
  • 香る黒酢
  • 熟成黒酢チリー
  • 台湾魚介
  • たっぷりゴマ
  • エシャロット

KiKi麺&南膳房の『まぜそば』には、上記7種類の味があります。この中から好きな味を選べるので、はずれなしでお取り寄せできます。

「これはいらないなぁ…」と苦手な味が余る心配もないですよ。

麺がお店っぽい

『まぜそば』の麺は、ブランドこだわりの特製麺。袋麺でありながら、お店で出てくるような麺が味わえるんです。

麺の原材料は、小麦粉、水、食塩といたってシンプル。さらに、練り上げた生地を揚げるのではなく台南の強い日差しの中で乾燥させています。

こうしてできあがった特製麺は、インスタントにはないツルツルもちもち食感で、ソースとの絡みもバツグン!まるでお店で食べるような麺料理が手軽に楽しめます。

ちなみに、この麺を完成させるまでに100種類以上試作したそうですよ。すごいこだわりですね。

魅力的なポイントがある一方で、『まぜそば』には気になる点もありました。

KiKi麺&南膳房『まぜそば』の注意点2つ

  • ラインナップが個性的で好みが分かれる
  • そのままは質素すぎる

ラインナップが個性的で好みが分かれる

KiKi麺&南膳房の『まぜそば』って、基本的に味が個性的なんです。魚介風味の中に甘さがあったり、辛味が強かったり、黒酢が2種類もあったり…。

輸入品ならではの味で、人によって合う合わないがあると思います。正直、筆者には合いませんでした。

しかし、日常にない味だからこそ新鮮味を楽しめるという魅力もあります。

「インスタントラーメンってどこも味が一緒なんだよな~」と飽きを感じている方にとって、個性的なのは逆にメリットかもしれませんね。

そのままは質素すぎる

まぜそばとポット

『まぜそば』には具が一切ありません。そのままでも良いけど、ちょっと質素すぎて寂しいかも…。

しかも、『まぜそば』は4食セットで1,480円。具なしの質素な麺料理に1食370円というのは、コスパ的にも微妙ですよね。

口コミにも「これで300円するならインスタントでいい」って意見がちらほらありました


確かに、“そのまま”だと見た目もコスパもいまいちです。

しかし、「トッピングがない」って逆をいえば「自由な楽しみ方ができる」ともいえますよね。

「今日はガッツリ食べたいから、作り置きの豚の角煮を乗せちゃおうかな♪」「辛くて食べづらいから、卵を足そう」

こんな感じで好きなようにトッピングを楽しめるので、気持ち的な満足度は高くなるでしょう。

【結論】KiKi麺&南膳房『まぜそば』の総評

KiKi麺&南膳房『まぜそば』
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 調理が簡単
  • 7種類から好きな味が選べる
  • こだわり麺がおいしい
デメリット
  • 味が個性的で好みが分かれそう
  • 具なしで質素すぎる


KiKi麺&南膳房の『まぜそば』は、市販の袋麺では味わえない個性的なまぜそばでした。

麺はツルツルもちもちで、「本当に袋麺?」と思ってしまうくらいお店感がありました。

調理もゆでて混ぜるだけと超絶KANTAN!パパっとできちゃうので、忙しいときや食事の支度が面倒なとき用にストックしておくと便利ですよ。

こんな人におすすめ
  • 料理が苦手な人
  • 仕事や育児で日々忙しい人
  • 休日のご飯作りが憂鬱な人
  • 海外に行った気分を味わいたい人
  • ちょっと変わった味にチャレンジしたい人

「KiKi麺&南膳房」について

「KiKi麺」と「南膳房」は、どちらも輸入会社ダスカコレクションが取り扱うまぜそばシリーズです。

台湾や香港で人気のブランドなので、日本国内での知名度はそう高くないかもしれません。しかし、現地の店舗は連日行列を作るほど大人気だそうですよ。

ダスカコレクションでいつでも気軽にお取り寄せできるので、気になる方は食べてみてくださいね。

ダスカコレクションはいろんな輸入商品を扱っています
他商品もレビューしているので、ぜひ参考にしてください

「ダスカコレクション」実食レビュー>>

【まとめ】『まぜそば』で海外旅行気分を味わおう♪

今回は、KiKi麺&南膳房の『まぜそば』を実食レビューしました。

日本ではなかなか出会えない味だったので、まるで海外の屋台で食べているような旅行気分を味わえましたよ。行ったことないけど。

筆者のおすすめは「ネギオイル」です。おそらく、一番無難に楽しめる味なんじゃないかと思っています。全部で7種類の味があるので、ぜひ気になるものを選んで食べてみてくださいね。

※2024年1月現在の価格表です。場合によっては、価格・在庫状況が変わっている可能性もあります。

種類や袋数でいろんな買い方ができますよ。
「Amazon」で見る>>
「楽天」で見る>>
「Yahoo」で見る>>



※本記事の内容は掲載当時のものです。場合によっては、商品の味・デザイン・価格等が変わっている可能性もあります。
※実食レビューは筆者個人の意見です。味の捉え方は人それぞれ異なるので、あくまで参考までに留めていただきますようお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次