【リンツ/リンドール】実食レビュー:18種類のチョコをお取り寄せ!スイス老舗ブランドの実力はいかに?

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、夏目ミノリです。

今回は、Lindt(リンツ)『リンドール』のテイスティングセットを実食レビューします。


スイスの老舗チョコレートブランドが作る代表的商品『リンドール』。

輸入系食品店で売られていることもあるので、ご存じの方も多いかもしれませんが、初めて見る方の中には、

  • リンツのチョコって美味しいの?
  • どんな種類があるの?
  • テイスティングセットってどんな内容?


…と気になっている方もいるでしょう。

この記事では、『リンドール』のテイスティングセットに入っている18種類のチョコを食べた感想、『リンドール』ならではの魅力などを紹介していきます。

全種類の味が分かるから、自分好みのセットかどうか判断しやすくなりますよ

※2023年6月現在の価格表です。場合によっては、価格・在庫状況が変わっている可能性もあります。

『リンドール』には、他にもたくさんのセット商品があります。
「Amazon」で他セットも見る>>
「楽天」で他セットも見る>>
「Yahoo」で他セットも見る>>

目次

【結論】リンツ『リンドール』の総評

まず、『リンドール』を食べてみた感想をまとめます

リンツ『リンドール』
総合評価
( 4 )
メリット
  • 味の種類が豊富でワクワク感を楽しめる
  • 包装がカラフルで可愛い
  • 大粒チョコレート23個を2,000円台でお取り寄せできるからお得感がある
デメリット
  • 輸入チョコらしい味がして人によっては苦手かも
  • バラエティセットだから苦手な味が入っている可能性も
こんな人におすすめ
  • 「同じ味がたくさん」より「いろんな味がたくさん」の方が好きな人
  • 女性ウケがよさそうなお取り寄せチョコレートを探している人
  • 子どものテンションが上がるようなお菓子を探している人
  • 老舗ブランドの商品を選びたい人


リンツの『リンドール』は、種類が豊富で最後まで飽きずに楽しめるチョコレートセットです。

「次はどれを食べようかな~♪」と悩む時間すら楽しめるなんて、贅沢なお菓子ですね♪

少し輸入チョコっぽい味がしますが、わずかなのでそこまで身構えなくても大丈夫!

また、包装もカラフルでおしゃれだから、女子ウケを狙いたいギフトシーンにぴったりです♪

【概要】リンツ『リンドール』とは?

商品画像
メーカーLindt(リンツ)
価格2,980円
内容量18種類23個
カロリー627kcal/100g
賞味期限1ヶ月以上のものをお届け
『リンドール』テイスティングセットの基本情報

お取り寄せ当時は「18種類23個」でしたが、現在は「14種類23個」となっています。
(※2023年6月時点)


リンツの『リンドール』は、球体型のチョコレートです。

外側はパリッとしたチョコレート、中には少し柔らかめのチョコレートと硬さに変化をつけた構成となっています。

さらに、外殻とフィリングで味を変えている種類もあるため、さまざまな味わいを楽しめますよ。

リンツ『リンドール』の特徴4つ

まず、『リンドール』の特徴について紹介します。

  • 18種類の味が入っていて最後まで楽しめる
  • キャンディのようなビジュアルが可愛い
  • 外殻×フィリングの2層仕立てで食感の違いを楽しめる
  • 手頃な価格設定で手を伸ばしやすい

上から順番に見ていきましょう~!

18種類の味が入っていて最後まで楽しめる

『リンドール テイスティングセット』には、以下18種類の味が入っています。
(※2023年6月現在は14種類)


ミルク

ホワイト

ダーク

ヘーゼルナッツ

キャラメル

60%カカオ

ストロベリー&クリーム

ダブルチョコレート
2023/6現在なし

ドルセ・デ・レチェ

ピスタチオ

抹茶

オレンジ
2023/6現在なし

ストラッチアテラ

ミルク&ホワイト

ソルテッドキャラメル

ミント
2023/6現在なし

ココナッツ
2023/6現在なし

70%カカオ
『リンドール』テイスティングセットの種類


これだけ種類が豊富だったら、飽きずに楽しめそうですよね♪

独り占めしてもよし

家族、友達、恋人とシェアしてもよし

いろんな楽しみ方もできます!

キャンディのようなビジュアルが可愛い

リンツの『リンドール』は、キャンディのように1個ずつ包装されています。

コロコロっとしていて、見た目が可愛らしいですよね。

さらに、種類ごとに包み紙の色が異なるので、種類が豊富な分カラフルで見た目が華やか♪

子どもや女性にウケること間違いなし!


見た目にもこだわってギフトを選びたい方は、必見のチョコレートです!

外殻×フィリングの2層仕立てで食感の違いを楽しめる

『リンドール』は、フィリング(詰め物用の柔らかいチョコレート)をパリッとしたチョコレートシェル(外殻)で覆っているのが特徴です。

中と外で硬さが異なるチョコレートを使っているので、食感の違いを楽しめます。

パリッとろ~の不思議な食感は、『リンドール』ならではの面白さ♪

手頃な価格設定で手を伸ばしやすい

『リンドール』は、23個入で2,980円です。

大粒のチョコが23個も入って2,000円台って、お取り寄せの中ではお得に感じられますよね。

これなら、ギフトだけじゃなくて自分へのご褒美にも検討しやすそう♪


もしかしたら、バレンタインチョコを手作りするより支出を安く抑えられるかも。

「あれれぇ?バレンタインの出費が結構イタイなぁ…」

って思った方、『リンドール』を検討してみてはいかがでしょう?

リンツ『リンドール』を実食

『リンドール』のテイスティングセットを購入しました。


ボックスを開けると、可愛らしい包みのチョコがコロコロと登場。


サイズは、約3.5cm。


大玉飴みたいですね。

昔、こんなんありましたよね

全18種類を食べてみた

『リンドール』のテイスティングセットに入っている18種類のチョコを全部食べてみました!

種類食べた感想

ミルク
外殻も中身もオールミルクチョコ
濃厚な甘さで子どもウケがよさそう

ホワイト
ホワイトチョコオンリーで、甘味が濃厚
甘党ならきっと満足できるはず

ダーク
ビターというよりスイートな印象
子どもから大人まで幅広い年代の方が食べやすそう

ヘーゼルナッツ
細かく砕かれたヘーゼルナッツが入っていた
ナッツが細かすぎて食感は分かりにくいものの、ナッツの風味はすごく感じられた

キャラメル
ミルクチョコから優しくキャラメルが香ってくるフレーバー
味も香りも甘め

60%カカオ
少しビターめのチョコで、甘さと苦さのバランスがよかった
「甘い物がほしいけど、甘ったるいのは苦手」って方にぴったり

70%カカオ
ハイカカオらしい苦さの大人チョコ
結構渋味が強かった

ストロベリー&クリーム
ストロベリーの風味を感じる甘めフレーバー
ホワイトチョコの存在感も強い

ダブルチョコレート
ミルクチョコ外殻の中にダークチョコが入ったフレーバー
「ミルク」よりは大人な味だけど、ビターではない

ドルセ・デ・レチェ
キャラメルのようなコクのある味
甘味がしっかりとしているので、甘党も満足できそう

ピスタチオ
チョコの中にピスタチオの風味がしっかりと感じられる
チョコ甘いだけでなくナッツの甘味も美味しい

抹茶
ホワイトチョコ外殻の中に抹茶チョコが入ったフレーバー
残念ながら、抹茶の味・風味はほとんど感じられなかった

オレンジ
オレンジの風味が感じられるチョコ
甘い中にさっぱり感もあって後味が爽やか

ストラッチアテラ
ホワイトチョコ×カカオマス片の組み合わせ
カカオマスの存在感が薄く、シンプルなホワイトチョコ味に感じた

ミルク&ホワイト
ミルクチョコ外殻の中にホワイトチョコが入っている
甘ったるいってほどではないけど甘かった

ソルテッドキャラメル
口の中で塩気が優しく響く
塩味が主張しすぎていないから、わりとさっぱりと食べられる

ミント
ちょっとしたカケラを食べただけでミントの爽快感が伝わる
見た目にミント感はないけど、チョコミント味スイーツが好きな方には刺さるはず

ココナッツ
ココナッツ独特の甘い風味がふんわりと香ってくる
しつこくない甘さで食べやすい
原材料

砂糖、植物油脂、ココアバター、全粉乳、カカオマス、乳糖、脱脂粉乳、バターオイル、ヘーゼルナッツ、低脂肪ココア、キャラメル、乳加工品、麦芽エキス、ピスタチオペースト、乾燥ココナッツ、ストロベリーパウダー、抹茶パウダー、塩、キャラメルパウダー、オレンジ精油、ミント精油、バニラビーンズ/植物レシチン、香料、着色料(赤ビート色素)、アラビアガム、(一部に乳成分を含む)

熱量627kcal
たんぱく質5g
脂質48g
炭水化物43g
食塩相当量0.18g
100gあたりの栄養成分

18種類全部を食べてみて思うのは…

全体的に、味は輸入チョコっぽいです。

とはいえ、不快に思うほどの違和感はないので、輸入チョコを食べたことがない方も普通に美味しく食べられると思いますよ♪

あと、外殻がパリッとしていて、歯触りがいいです♪

板チョコのような硬め食感が好きな方におすすめ

リンツ『リンドール』の口コミ・評判

実際に『リンドール』を購入した方々の口コミを調べてみました。

口コミ・評判
  • いろんな種類が入っているから飽きずに楽しめる
  • キラキラした包装を見るだけでハッピーになる
  • 「また食べたい!」ってなる美味しさ
  • やっぱり日本のチョコの方が美味しい
  • ショップ対応が悪い
  • 紙袋やボックスの破れがあった


口コミを確認してみたところ、「美味しい」「見た目が可愛い」という声の多さがダントツでした。

高級チョコってほど高価でもないから、自分用に購入している方も多く見られましたよ


一方で、「あまり美味しくなかった」という声も。

海外製品なので、中には口に合わなかった方もいるようです。

日本のチョコって美味しいですからね…。

とはいっても、「まずい」ってほどでもなかったので、輸入チョコ初心者の方にとって入門編に相応しい海外チョコ製品となるんじゃないでしょうか。
(※個人の感想です)

Lindt(リンツ)の企業情報

リンツ日本社の基本情報は、以下の通りです。

社名LINDT & SPRUNGLI JAPAN 株式会社
(リンツ&シュプルングリージャパン株式会社)
所在地〒107-0062
東京都港区南青山3-13-18 313南青山3階
TEL0120-313-045
公式HP【グローバルサイト】
https://www.lindt-spruengli.com/
【オンラインショップ】
https://www.lindt.jp/
Lindt(リンツ)の企業情報


リンツの店舗は、全国各地にあります。

店舗によって「お買い物のみ」「カフェあり」と内容が異なるので、目的に合った店舗を選びましょう。

「リンツ」店舗検索はこちら>>

まとめ

今回は、リンツの『リンドール テイスティングセット』を実食レビューしました。

いろんな味があるので、年甲斐もなくテンションが上がっちゃいました♪

見た目も可愛いし、一口サイズだし、ついパクパクっと食べちゃいますね。

体重が気になる方、食べ過ぎ注意ですよ!

耳がいたーい



※2023年6月現在の価格表です。場合によっては、価格・在庫状況が変わっている可能性もあります。

『リンドール』には、他にもたくさんのセット商品があります。
「Amazon」で他セットも見る>>
「楽天」で他セットも見る>>
「Yahoo」で他セットも見る>>

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次