【2月14日はなんの日?】非リア充と健康を救う「煮干しの日」を紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

2月14日といえば「バレンタイン」。

非リア充にとっては、ハートに溢れた世界で涙と胸の痛みに耐えなければならないツライ日。そして、リア充はチョコを食べ過ぎて気持ち悪くなるという健康的にツライ日です。

…あれ?バレンタインっていいことなくない?

こんな大惨事を起こしながらも、なぜ毎年バレンタインが注目されるのか…(A. チョコが売れるから)

いや、もっと脚光を浴びるべき日があるだろう…

そう!「煮干しの日」!

2月14日は「煮干しの日」なんですよ、知ってました?この記事では、「煮干しの日」について解説するとともにおすすめの過ごし方も紹介します。

目次

「煮干しの日」とは?

小皿に出たアーモンド小魚
海と太陽『アーモンド小魚

2月14日は「煮干しの日」です。1994年に全国煮干協会が制定したのが始まりで、「にぼし」という語呂から2月14日となっています。

に(2)
ぼ(1)←1が棒みたいだから「ぼ」と読む
し(4)


制定されてまだ30年ほどの歴史が浅い「煮干しの日」。そりゃあ1,000年以上も昔から存在していたとされるバレンタインには到底及びませんよね…なかなか表舞台に立てないのも致し方無い。

地味だけど素敵な「煮干しの日」

バレンタインというビッグイベントと同じ日に制定するなんて…ちょっと無謀ですよね。しかし、地味なイメージが強い「煮干しの日」には、こんな素敵な目的・メッセージがあるんですよ。

そう、国民の健康を願って制定されているんです。なんて慈愛に満ちた目的…まさに「愛」!

楽しい人生は健康あってこそ。健康だからこそ、好きな人と一緒にいるときのドキドキを不整脈と疑わずに恋心と受け入れられるんです。

ある意味、バレンタインより愛を感じられる日かもしれません。

【おすすめ】煮干しの日(バレンタイン)の過ごし方

「2月14日はチョコレートを用意してキャッキャウフフする日」

そんな一般常識は一旦忘れて、煮干しのある1日にしてみませんか?ここからは2月14日「煮干しの日」のおすすめの過ごし方を提案します。

煮干し(小魚)を贈ろう

バレンタインは、一般的に意中の男性にチョコレートを贈る日。しかし、近年は男女問わず大切な人にチョコレートギフトを贈るって方もいますよね。

そこで、今年からはチョコレートだけでなく煮干しも検討してみてはいかがでしょう?

  • あなたのことが大切だからこそ健康第一のギフトを贈りたい
  • 甘いものが苦手なあなたを喜ばせたい
  • 職場の既婚男性は、子どもに隠れてチョコを食べるのが大変そう…じゃあ子どもと一緒に楽しめるギフトを贈りたい


こんな気遣いも伝わるはず。「この人…できる…!」とあなたの株も上がるでしょう、たぶん。

実食ライター夏目のおすすめ小魚▼

小魚歴15年の大ベテラン社長が厳選したカタクチイワシを使用。新鮮で苦味が少なく、スナック菓子のようなサクサク食感が楽しめます。さらに、小魚だけでなくアーモンドも入っているので、栄養価が高いうえに食感もいいですよ♪

袋は保存に嬉しいチャック付き!実用性もバッチリで子どもと一緒に楽しめます。

煮干し料理を楽しもう

バレンタインにチョコレートスイーツを手作りするのも楽しいですよね♪ しかし、チョコレートは寒いとすぐに固まるので、2月の寒い室内でチョコレートを扱うのは大変と思っている方もいるでしょう。

そんな方は、思い切って煮干し料理にシフトチェンジしてみて!「おいしい・健康的・おかず一品用意できる」と嬉しい三拍子が揃うので、意外とチョコレート作りよりハマるかも。

おすすめ煮干し料理▼

さっぱり!食べやすい!煮干しの和風マリネ
煮干しの栄養を丸ごといただけるさっぱり和風マリネ。 オーブンで焼くことでカリッと消化良くいただけます。 煮干しをお酢につけると、カルシウムも効率的にいただけるはず! 作り置き可能、お弁当にも可能な節約レシピ。 野菜とタンパク質がしっかりとれます。 2枚目写真は赤パプリカときゅうりを加え、煮干しはオーブンで焼かずに素揚げしました。 アレンジも楽しんでみてくださいね。

煮干し片手に告白しよう

「〇〇くん、毎年いっぱいチョコもらってるから、私のチョコなんて覚えてもらえないかも…」

他の女の子と差をつけたい…でもおしゃれなチョコ・おいしいチョコってもはやありきたりで何を用意したらいいのか分かんない…。

そんな方こそ煮干しですよ!バレンタインチョコで甘ったるい香りが漂う中で、煮干しの香ばしいスメル(存在)はひと際輝くはず。他の女の子と差をつけられるどころか、相手の男性に一生忘れられないバレンタインの思い出を植え付けられるでしょう。

もしかしたら、告白成功率も上がるかも…!よし、煮干しを片手に告白しましょう!

告白の成功は保証できません。

【まとめ】「煮干しの日」は地味だけど愛が深い

「バレンタイン」というパワーワードに隠れがちな「煮干しの日」。しかし、その意味を考えてみると意外と愛が深い素敵な日なんですよ。

今まで「チョコレート」という言葉に拒絶反応を起こし2月14日を憂鬱に迎えていた非リア充たちも、「2月14日って煮干し食べて健康になろうぜって日でしょ?」と前向きになれるでしょう。バレンタイン撲滅を願うネット民が減りそうですね、平和で素敵!

最後に、本記事をまとめます。

  • 2月14日は「煮干しの日」
  • 煮干しで元気になろうという前向きな目的で、決してバレンタイン撲滅を願ったものではない
  • 煮干しはいろんな楽しみ方ができる
  • 「煮干し告白」「手作り煮干し」…バレンタインと煮干しをかけ合わせれば最強の1日に
  • 筆者な煮干しがちょっと苦手


ぜひみなさんも、2月14日に煮干しを楽しみましょう~~~!!!



※本記事の内容は掲載当時のものです。場合によっては、商品の味・デザイン・価格等が変わっている可能性もあります。
※実食レビューは筆者個人の意見です。味の捉え方は人それぞれ異なるので、あくまで参考までに留めていただきますようお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次