【川島米穀店/至高の玄氣】実食レビュー:胚芽サイズが通常の2倍⁉魅力と注意点の両方紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、夏目ミノリです。

今回実食レビューするのは、「川島米穀店」『至高の玄氣』。一般的な玄米に比べて胚芽がめちゃくちゃ大きい発芽玄米です。

「『胚芽が大きい』ってなんとなく健康に良さそうだけど、味や食感が他玄米とどう違うかまでは分からない…」そう思っているのは筆者だけではないはず!

そこで本記事では、『至高の玄氣』のお試しをお取り寄せし、実食してみた感想をお届けします。食べてみたからこそ分かったメリット・デメリットも包み隠さず紹介するので、発芽玄米を検討中の方は必見です!

※2023年12月現在の価格表です。場合によっては、価格・在庫状況が変わっている可能性もあります。

目次

【概要】川島米穀店『至高の玄氣』とは?

商品画像
メーカー川島米穀店
価格1,000円
内容量750g
カロリー350kcal/100g
賞味期限製造日より180日
『至高の玄氣』の基本情報


『至高の玄氣』は、川島米穀店が販売している発芽玄米です。どんなお米か、簡単に特徴をまとめました。

『至高の玄氣』の特徴
  • 胚芽サイズが通常の2~3倍
  • 低アミロース(つまり粘り強め)
  • 減農薬栽培
  • 白米モードで炊飯OK

そもそも「発芽玄米」とは?

発芽玄米とは、玄米から胚芽を発芽させたお米です。

玄米の発芽部分を解説する画像


赤い丸印で示したこれが胚芽。ゴミじゃないですよ。

最近玄米の注目度が上がっているので、「発芽玄米」やら「胚芽米」やらいろいろ出ててややこしいですよね。玄米の種類に関しては、ダイエッター・すーたろさん(@sutaro_bm)が絵付きで分かりやすく解説しているので、種類を知りたい方は読んでみてください。

玄米の種類を知るならこちら▼


お試し用の少量サイズがあったので、お取り寄せして食べてみました!

川島米穀店『至高の玄氣』を実食

真空パックの発芽玄米


『至高の玄氣』到着。赤字で書かれた「至高」の圧がすごい…。

袋のチャック部分


嬉しいチャック付き!

炊飯後の釜の中身


『至高の玄氣』は、白米モードOKの無洗米。白米と同じように普通に炊いてみました。

白い茶碗に盛った発芽玄米
原材料(押すと開きます)

玄米(国内産うるち米)静岡県産

エネルギー350kcal
たんぱく質7.2g
脂質3.4g
炭水化物72.6g
食塩相当量0.0034g
100gあたりの栄養成分


箸でつまみ上げた『至高の玄氣』


見た目はほんのり茶色いけど、かなり白米に近い印象。炊いた後でも巨大胚芽の存在感がすごい…。

味は、なかなかクセが強かったですよ。ぬか感があったので、「あ、玄米食べてるわ」って感じられました。玄米らしさが好きな方は「コレコレ!」と箸が進みそうです。

食感は白米のようにやわらかめ。これはお年寄りに嬉しい!

ただ…胚芽が大きいせいかな、ちょっとシャキシャキっとした食感が。ご飯と野菜を一緒に食べてるみたいで、ちょっと違和感でした。

川島米穀店『至高の玄氣』口コミ・評判

口コミ・評判
  • おいしくて食べやすい
  • 玄米は消化できなかったけどこれなら食べられる
  • 真空パックなのが嬉しい
  • 無洗米だから手間がなくていい


お試しサイズには口コミがなかったので、セット商品の方で口コミを調べました。

口コミを見ると、「おいしい」「食べやすい」と味の良さを評価する意見がかなり多かったです。

…本当に?それなりにクセがあったのに、ここまで「おいしい」って口コミばかりが並ぶのはちょっと怪しい…


もしかすると、口コミで高評価を出しているのは、従来の「硬くておいしくない玄米」を知っている方なのかもしれません。昔のものに比べると、確かに『至高の玄氣』はおいしいんだと思います。

しかし、筆者のように「クセが少ない玄米」を知っている側からすると、『至高の玄氣』はまぁまぁクセ強め。個人的にはちょっと食べにくかったです。

とはいえ、口コミでかなりの高評価だった『至高の玄氣』。どんなところが人気なのか、魅力を紹介します。


川島米穀店『至高の玄氣』の魅力4つ

  • 巨大胚芽で栄養たっぷり
  • 安全性が高い
  • 白米に近い食感で食べやすい
  • 炊き方が簡単

巨大胚芽で栄養たっぷり

炊飯前の『至高の玄氣』

『至高の玄氣』の胚芽は巨大です。通常の2~3倍のサイズで、そのぶん栄養価も高くなっています。健康目的で玄米を食べたい方にとって、「栄養価が高い」はかなり魅力的ですよね!

さらに、ぬか層もちゃんと残っている発芽玄米なので、健康習慣にしっかりと貢献してくれるでしょう。

安全性が高い

『至高の玄氣』の原料は減農薬栽培の玄米なので、安全性が高くて安心です。

どのくらい減農薬かというと、標準的な農薬・化学肥料量の5割以上。無農薬ではありませんが、比較的安心して食べられそうですよね。

子どもにも安心!

白米に近い食感で食べやすい

『至高の玄氣』は食感がやわらかく、ほとんど白米と同じような感覚で食べられます。子どもやお年寄りなど、噛む力が弱い方も挑戦しやすいでしょう。

しかも、本品は低アミロース米。一般的な白米(うるち米)ともち米の間くらいの食感なので、「適度にもちもちおいしいー!」と人気です。

炊き方が簡単

『至高の玄氣』は無洗米で、洗う手間がありません。冷たい水を触らなくていいので、冬場は特に嬉しいですよね♪

しかも、炊飯は白米モードでOK!玄米モードのように長時間炊かなくていいし、「いちいちモード切替するのが面倒くさい…」と夕飯準備のやる気を削ぐこともありません。まさに主婦の味方!手軽に使えるので、日常に玄米を取り入れやすくなりますね♪

ついでに、ダイエット目的で玄米を検討している方にはロカボ炊飯器もおすすめ!

炊飯で糖質・カロリーカットを実現▼


一方で、『至高の玄氣』にはいくつかデメリットもあります。

川島米穀店『至高の玄氣』の注意点3つ

  • 胚芽が大きすぎる
  • クセが強め
  • 無洗米だけどあまりきれいじゃない

胚芽が大きすぎる

『至高の玄氣』は胚芽の大きさが魅力なのですが…大きすぎることで以下のようなマイナスポイントもあります。

  • 食感がシャキシャキして違和感
  • 見た目がちょっと気持ち悪い


本来はもちもちとしているはずのお米の中に、なぜかシャキシャキとした食感が…。さらに、大きな胚芽が虫に見えてしまうという方も…。食感と見た目が微妙だと、気持ちよく食べられませんよね。

ただ、「それだけ胚芽が立派」ともいえます。栄養重視の方には朗報かもしれません。

もしも買ってみて「あ、ちょっと苦手かも…」と思ったら、白米と混ぜて炊いてみてください。シャキシャキ感や見た目が気にならなくなり、食べやすくなりますよ。

買う前から過度に心配しなくても大丈夫!

クセが強め

ぬか層が残っている『至高の玄氣』は、ちょっとクセがあります。口コミの「食べやすい」という意見に注目してしまうと、思わぬクセの強さに「まずい…」とガッカリしてしまうかも…。

とはいえ、クセの強さを感じるのは『至高の玄氣』100%で炊いたときの話。白米を混ぜるとクセが目立たなくなるので、一気に食べやすくなりますよ。

無洗米だけどあまりきれいじゃない

手のひらに広げた『至高の玄氣』

『至高の玄氣』は無洗米ですが、細かい汚れで表面が白くなっていてあまりきれいではありません。無洗米なら、もうちょっときれいなものがほしいですよね。

しかし、商品に添付されていた資料にはこういった説明が書かれていました。

・農薬や化学肥料を一切使用していないため、白濁・着色粒が入っている場合もありますが、食味や品質及び衛生に問題はありませんのでご安心くださいませ。
・原料由来の籾などが入っている場合もございますが、無洗化処理してございます。衛生上のご心配はございませんのでご安心くださいませ。

添付資料より


ツヤツヤしたきれいな無洗米ではありませんが、品質上問題ないとのことです。安心安心♪


【結論】川島米穀店『至高の玄氣』の総評

川島米穀店『至高の玄氣』
総合評価
( 3 )
メリット
  • 胚芽が大きくて栄養たっぷり
  • 無洗米で洗う手間いらず
  • やわらかい低アミロース米で食べやすい
  • 減農薬栽培で安全性が高い
デメリット
  • 無洗米だけどきれいじゃない
  • 胚芽が大きすぎて食感・見た目がいまいち


川島米穀店の『至高の玄氣』は、胚芽が大きすぎるがゆえにメリットとデメリットの両面が気になる発芽玄米でした。

一般的な発芽玄米に比べて胚芽が大きいので、栄養もたっぷり!健康志向な方には最高ですよね♪

一方で、巨大胚芽によって食感と見た目が損なわれている実情も。玄米に慣れていない方だと、ちょっと戸惑ってしまうかもしれません。

おそらく、以下のような方であれば問題なく楽しめるでしょう!

こんな人におすすめ
  • 玄米に慣れている人
  • ぬかっぽさに抵抗がない人
  • 硬いものが苦手な人
  • 健康効果を重視したい人

「川島米穀店」の店舗情報

「川島米穀店」公式HPのTOP画像
出典:川島米穀店
所在地〒431-3314 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣446
TEL053-925-2057
営業時間9:00~18:00
定休日日・祝
公式HPhttps://kawashimabeikokuten.hamazo.tv/
「川島米穀店」の店舗情報


川島米穀店は、玄米・雑穀米の専門店です。創業120年の老舗で、無農薬米や減農薬米といったこだわりのお米を販売しています。

公式ブログには、お米関連のお役立ち情報も!お米知識を身につけたい方は、ぜひチェックしてみてください。

「川島米穀店」公式ブログ>>

【まとめ】『至高の玄氣』で元気な毎日を!

今回は、川島米穀店の『至高の玄氣』を実食レビューしました。

お米を食べているのにシャキシャキとした食感があるなんて…かなりの衝撃でした。それだけ胚芽が大きいってことですね。

さぞ栄養価も高いことでしょう!ぜひ、みなさんも「玄氣」を食べて「元気」になりましょー!

※2023年12月現在の価格表です。場合によっては、価格・在庫状況が変わっている可能性もあります。



※本記事の内容は掲載当時のものです。場合によっては、商品の味・デザイン・価格等が変わっている可能性もあります。
※実食レビューは筆者個人の意見です。味の捉え方は人それぞれ異なるので、あくまで参考までに留めていただきますようお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次